« 【保育士の転機】今の職場に不満がある人は、人気の求人サイトを使おう | トップページ | 高倍率求人でも印象に残る!保育士の転職面接における自己アピール方法 »

2016年5月17日 (火)

【保育士の転職】よく「比較」することの大切さ

f:id:gioventu:20160504111314j:plain


保育士の強みは、なんと言っても国家資格を持っていること。一度離職してしまったとしても、いつでも、どこでも働くことができます。


例えば急に地方に引っ越しをすることになったとしても、仕事先に困ることはありません。特に現在は、深刻な保育士不足。どこの地方へ行っても、保育士の求人を見ないことはありません。


そう、保育士は職場を自由に選べる立場なのです。


     

就職先はたくさんあるのに、転職のハードルが高い理由とは?


保育士の求人は全国的に数多く存在するのに、転職に踏み出すことが難しいと考えている保育士は少なくありません。その理由とは一体何なのでしょうか?


 


◆他の保育園で働いても同じ……という諦め


保育士はハードな仕事内容であるにもかかわらず、給料が安くとても過酷な仕事であると考えられています。実際、そのような保育園は多く、保育士たちは今日も頭を抱えています。


そのため、「他の保育園に行ってもどうせ同じだろう」という諦めから、転職自体を考えていない人が多いのです。


 


◆転職活動をしている暇がない


多忙な保育士にとって、プライベートの時間は貴重です。家に帰ってから、いくつも求人情報を探したり、ハローワークに通っている時間はありません。そういった忙しさから、転職活動に踏み出せず1年、また1年と現職場に踏みとどまってしまうのです。


 


以上2つが大きな要因となり、保育士の転職を阻んでいます。しかし、実際に保育士の転職サイトを見てみると、手取り25万円以上、残業代手当あり、人間関係良好という職場も存在するのです……!


さらに、転職サイトでは専門のスタッフが全面的にサポートしてくれるため、自分でいくつも求人情報をチェックする手間も省けます。


多くの保育士が考えているより、転職活動のハードルは低いのです。


 


転職サイトの求人に書かれている「好待遇」って……本当?


f:id:gioventu:20160504111236j:plain


保育士の給料が手取り25万円以上なんて、本当なの?本当だったとしても、ものすごく残業させられるんじゃないの?と疑ってしまうと思います。さらに、「人間関係良好」なんて、実際に入職してみなければ分からないこと。どうしてそんなことが言えるのでしょうか?


 


その理由は、転職サイトのスタッフによる徹底したリサーチ。


スタッフ自ら保育園に足を運び、園長先生や職員にヒアリングをして情報収集をしている転職サイトもあります。足を運んでいるため保育園の雰囲気を実際に知って紹介してくれるのです。


さらに、スタッフは保育士資格を持っている人が多く、長年、保育士の転職をサポートしてきたため業界特有の悩みや、保育士が持っているニーズをよく理解した上であなたの転職活動をリードしてくれるのです。全面的に頼っても安心できます。


それは、人気の転職サイトが、しっかりとした保育士の転職実績を掲げていることからも明らかです。


 


転職先はよく比較しよう


f:id:gioventu:20160504111641j:plain


保育士の転職サイトを使えば、ゆとりを持って転職活動を進めることができます。質の良い求人が取り揃えられている中で、いかに自分が希望する条件に合った職場を選ぶかが重要です。


また、就職先はたくさんあるので、少し高望みをしても大丈夫、ということです。


保育業界の就職活動では、複数の就職先に応募をしてはいけないのでは?と思われがちですが、転職サイトを利用することで同時に複数応募が可能となり、より良い職場を就職先として決定できるのです。


内定を貰ったのに断りの電話を入れづらい……と思っている方も、保育士の転職サイトを利用すれば、保育園とのやり取りは、ほとんどサイト経由で行うため、心の負担もありません。保育業界特有の、人間関係の悩みは転職活動中には皆無!一般企業の就職活動と同様に、シビアな目線で就職先を選び、比較し職場を決めることができるのです。

参考サイト:保育士求人・転職のFINE!保育士

 


「即決」の落とし穴


f:id:gioventu:20160504111156j:plain


良い求人情報が見つかると、「ここに決めた!」と絞ってしまいがちです。早く就職先を決定すれば安心することができます。しかし、決定した後でもっと良い条件の求人が舞い込んでくる可能性もあるのです。


最低でも2〜3つの求人を比較しておくと良いでしょう。転職サイトでは、複数・同時応募をすることができます。「良いな」と思った就職先には同時に応募をしておくことで未来の可能性は広がるでしょう。


保育園側は保育士が不足しているので、就職希望者のことを歓迎してくれます。いくつかの保育園の内定を同時に貰ったとしたら、「どの保育園が自分に合っているのか」を慎重に検討しましょう。


選ぶポイントは、お給料、就労時間、業務内容、園の雰囲気、通勤のしやすさなどです。自分が何を優先的に希望しているのか、明確にすると選びやすいでしょう。


 


保育士の転職にも希望がある!


保育園なんてどこに行っても同じ……という諦めを持っているとしたら、まずは求人情報を探してみませんか?自分の希望条件をチェックして検索してみるだけで、「私はこんな保育園で働きたかったんだ」と気づく第一歩になります。


希望がないと思われていた保育業界も、徐々に変わりつつあるのかもしれません。

« 【保育士の転機】今の職場に不満がある人は、人気の求人サイトを使おう | トップページ | 高倍率求人でも印象に残る!保育士の転職面接における自己アピール方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【保育士の転機】今の職場に不満がある人は、人気の求人サイトを使おう | トップページ | 高倍率求人でも印象に残る!保育士の転職面接における自己アピール方法 »